きれいに変えたい! 麻雀界

このページは,あるアマ雀士が,現状の麻雀界を「きれいに」「変える」ために,日々思っていることを書いております。麻雀のルールやシステムなどの内容に興味があるので,そのような記事がメインです。

成績評価はどうあるべきか(その2)

「1ゲームごとに勝敗が決まる」というゲームとしての麻雀の成績評価法(以下,評価法)を考えた場合,前回書いた評価法,「順位点方式」には,「1ゲームでの勝ち負けが定義されていない」「点数の高低,つまり対局の内容がそのまま評価につながってしまう」という弱点があるという話をしました。さらに言えば,「順位点の決め方に根拠がないため,順位の価値も絶対的でない」という弱点もはらんでいます。

では,これらの弱点や問題を解決するにはどうすればいいか。実は,解決するのは非常に簡単です。半荘の結果を「1位を勝ちと定義し,2位以下を負けとする」と定義するだけで済みます。これだけで,先にあげた弱点を克服することができます。シンプルで非常に簡単な評価法です。ただ,麻雀は4人でやっていてそれぞれの成績を競うゲームである以上,2位,3位,4位にも優劣がある(当然,2位>3位>4位),と考える方が自然です。

このことを踏まえ,次のような評価法を考えてみました。この評価法を仮に「メダル方式」と呼ぶことにします(オリンピックのメダル数の比較をする時に使われる方法に似ていることに由来します)。まず,それぞれの選手の順位の回数を記録します。成績を比較するときは以下のような方法で比較します。

medal-646943_1280

  1. 1位の回数(勝ち数)の多い方を上位とする。同じであれば2へ。
  2. 2位の回数の多い方を上位とする。同じであれば3へ。
  3. 3位の回数の多い方を上位とする。同じであれば4へ。
  4. 4位の回数の多い方を上位とする。同じであれば同評価とする。

成績は例えば,(1位の回数,2位の回数,3位の回数,4位の回数)と記述するとわかりやすいでしょう。これを左の数値から順に比較していけば上のとおりとなります。同じ試合数の場合は,上記の比較方法はごく自然です。試合数が異なる場合は,この方法だと勝率が低い場合でも一時的に上位と比較される場合がありますが,試合数が多くなれば,比較で有利になります。

例 選手A(8,6,4,2),選手B(9,4,4,3)だった場合,現時点ではBの方が上位です。次の試合でAが1位をとれば,2位の回数の比較でAの方が上位になります。

また,「メダル方式」であれば,その時点での勝率,平均順位,連対率が算出できます(浮きの回数までチェックしておけば,プラス率も算出できるでしょう)。十分に試合回数が多ければ,実力の評価の指標ともなりうると思います。

さて,ゲームとしての麻雀で評価法をどうすべきかを考えてきました。
「メダル方式」は従来の「順位点方式」の弱点を克服するために考えた評価法ですが,現時点で一般には受けないかも……とは思います。50000点越えの大勝利も,30300点の微差の勝利でも,同じ「勝ち」であり,それ以上でもそれ以下でもないのですから。でも,麻雀ファンのレベルが上がり,現状の評価法に疑問を呈する人が現れれば,ルールも評価法も統一される日が来るかもしれません。そんな日が早く来るといいな,と思います。

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。