きれいに変えたい! 麻雀界

このページは,あるアマ雀士が,現状の麻雀界を「きれいに」「変える」ために,日々思っていることを書いております。麻雀のルールやシステムなどの内容に興味があるので,そのような記事がメインです。

役について考える(その3)

役について考えるシリーズ第3弾,次に取り上げるのは二盃口リャンペーコーです。一盃口を2組作る役で,例えば②②③③④④778899白白……こんな形です。

065cfa16dd11ed0def0ea84eac46417e_s

役には,「門前に限る」こと,という制約があるものがあります。それらの役を分類してみましょう。

手牌に関係なく,状況によって成立するもの(状況役)
門前清自摸メンゼンツモ立直リーチ
手牌全体で構成するもの(全体役)
平和ピンフ,☆九連宝灯チュウレンポートー
手牌の一部で構成するもの(部分役)
一盃口イーペーコー,二盃口

七対子チートイツ四暗刻スーアンコーなども「門前に限る」ことが条件に入るとされるときがありますが,これらは「役の成立条件を満たすと必ず(=結果的に)門前になる」もので,「門前に限る」ことそのものは条件でないことに留意しておきます。

これ以外の役は「非門前であっても可」ですが,いわゆる順子系の役は「喰い下がり」(副露すると1飜下がる)という制約が設けられています。三色同順サンショク一気通貫イッツー混一色ホンイツなどがそうですね。

ここまで挙げたことを踏まえて,上記の役の分類を見直すと,★で挙げた役は順子系であり,喰い下がりも考慮すると,「副露すれば0飜=1飜縛りを満たさない=役が成立しない」と考えることができるので,ルールとして合理的です。☆の九連宝灯に関しては,もともと「9面待ちの聴牌形」を役としたものなので,副露・または暗槓すると元来の条件を満たさなくなります(ただし,現在は待ちの形を問う役は平和のみです)。

さて,二盃口はどうでしょう。形としては一盃口2つですが,点数的には1飜2つ分ではなく3飜ですので,一盃口とは別の役ととらえられます。もしもこれが,二盃口という役ではなく一盃口2つが成立しているものであるならば,「門前でなければ2つの一盃口が消える,つまり門前でないと不成立」という論理は成り立ちますが,別の役であるならば「門前に限る」という制約はいき過ぎなのではないか,と思うのです。そこで,一盃口も含めて順子系の役の「喰い下がり」を適用し,門前3飜,非門前2飜とする(結果的に,一盃口は門前に限ることになります)のが合理的と考えますがいかがでしょう。

役について考える(その3)」 に4件のコメント

  1. 断幺厨のコメント

    二盃口を喰い下がりには同意見です、というか私の仲間内のセットでは実際喰い下がり2飜にしています。
    二盃口は元々一盃口2個で2飜だったのが難し過ぎるから3飜に昇格したものらしいですが、3飜に昇格した時点で既に一盃口2個ではなく別の上位役と言えるので鳴いたら一盃口が2個消えるという解釈は破綻していると思うんですよね。
    そうなると他の順子系の役と同じ様に喰い下がりを適用するほうが自然だと思います。

  2. utchanのコメント

    >だー
    あまり一般的な言葉ではないけど,確かに暗順(暗順子),明順(明順子)という言葉はあります。
    なるほど,現在の二盃口は「同じ数牌の同じ暗順2面子を2組」。これはいい解釈です。そうに考えれば門前に限る理由が納得できますね。もしも「暗順」が「順子」だとすれば,喰い下がり2飜としてもいいかもしれません。
    一緒にいろいろ考えてくれて,本当にありがとう。

  3. だーのコメント

    うまく説明できないなーと考えてて暗/明刻みたいに暗/明順のような言葉があればと思い付いた
    ニ盃口を「同じ数牌の同じ暗順2面子を2組」と定義すれば先の解釈が合理的になるでしょうか

    と、現在のニ盃口を合理的に考えてみましたが
    二色ニ順とも呼ばれますし、形を成立させられれば三色同順と同じ感覚でニ盃口の喰い下がり2翻もアリだと思います

  4. だーのコメント

    副露して晒している部分は、もう手がつけられないので別の場所であると考えます
    すると、別の役と考えたとしてもニ盃口という形自体が残らないので喰い下がりは適用されません
    (同時に一盃口は喰い下がりで0翻になっている)

    という解釈はどうでしょう

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。